テレクラでするエロ電話の会話や音声は抜ける

NO IMAGE

テレフォンセックスをするのに最初に思いつくのがテレクラです。リンリンハウスなどが昔から会って有名なところです。既に絶滅しているとも言われていますが、東京や大阪には数店舗存在しています。リンリンハウスでいうと大阪3店舗、東京は20店舗以上あります。
最近はDVD鑑賞室と同じになっており、以前の様に退屈しないで済みますね。リクライニングシートもあるので、AVで抜いて帰る事も可能です。テレクラキャノンボールという映画がテレクラを利用しているので参考になります。テレクラでテレフォンセックスをするには、まず待機室で待っている必要があります。これが一時間幾らというシステムになっています。

電話が鳴ったらすぐに受話器を取りましょう。今は利用者が少ないですが、昔はこの電話を誰よりも早くとるのがテレクラのコツと言われていたぐらいです。

今は順番に取り次いでくれる形が一般的になってます。電話に出たら色々な会話をしましょう。相手によってどういう話になるかはわかりませんが、大体が素人女性なので確実にテレフォンセックスに発展するかどうかは分かりません。

電話を掛けてくる相手も若い女性から人妻熟女まで多数いますが、バブルの名残なのか当時に利用している人が多かった、現在熟女になっている女性に多いです。ですので電話に出たら年齢が高そうな女性にかかる事も多いです。声が避け焼けしていたりする事もあります。エロ電話をするのなら若い女性の方がいいかもしれません。

ただ実際電話越しにエッチしたら熟女の方が会話や音声が生々しいので抜けるんですが・・・。

ちょっとメンヘラ気味の女性なら上手く煽てればやってくれます。また中にはセックス依存症の女性もいたりするので、セフレ関係を作るのにもお勧めです。